投資初心者のための、CFD講座。

これから何らかの投資を始めてみたいと考えている初心者のみなさんに、本項では「CFD」についてご説明したいと思います。

CFDとは、Contract For Differenceの頭文字をとったもので、日本語では「差金決済取引」と呼ばれています。
日本では株式投資やFXと比べるとあまりなじみがない投資かもしれません。
ですが、ヨーロッパでは全取引のおよそ30%がCFDによる取引であると言われるぐらいとてもメジャーな投資なんですよ。

差金決済とは、原資産に投資をするのではなく、買値と売値の差額で取引をする、というスタイルです。
そのため、まとまった資金を用意することなく始められることが初心者向け、といわれる所以のひとつ。

また、取引の仕組みとしては”証拠金取引”と呼ばれるものとなっており、取引業者に資金である証拠金を担保として差し入れ、それを元手に差金決済を行っていきます。
それにより、レバレッジというてこの原理を用いた投資を行うことも可能に。
レバレッジを使うことで、少ない資金で大きな取引ができるというとても魅力的な投資ができるということもポイントと言えるでしょう。

では、具体的にどのような商品があるのかをご説明します。

・株式CFD(国内株、海外株、ETF(上場投資信託)など)
・株価指数CFD(日経平均株価、NYダウなど)
・商品CFD(金、原油、小麦など)
・債券CFD(国内債券、海外債券)
・外国為替CFD
などとなります。

ここで少しピンときた方もいらっしゃるかもしれません。
そう、外国為替CFDとは、FXのことを指します。
つまり、今多くのトレーダーが投資をしているFXもCFDの一種なんです!
意外とご存知のない方が多いようなので、ぜひ豆知識として知っておいても損はありません。

CFDはさまざまな証券会社が取り扱いをしている商品になりますので、ご興味がある方はぜひ調べてみてください。
証券会社によって取引できるCFDが異なっているため、そちらも確認してみるとよいでしょう。