取引所選びと銘柄選びが証券取引のポイント

証券取引というものに興味があるものの、どのように行えば良いのか分からない、という方は多いのではないでしょうか。そこでここでは、証券取引を行う場合の基本となる情報について簡単に紹介します。証券取り引きを成功させるためには、まず考えなければならないこととして「取引所」があります。

どのような取引所を利用するのかによっても、取り引きの効果というものが違ってくるためです。そこでここでは、取引所として利用できる場所の一つである「くりっく株365」というものについて紹介します。この取引所の特徴として、まずは取引期限がない、ということが挙げられます。自動的にロールオーバーを行う事ができるため、期限について気にする必要がなく取り引きを行うことができるのがポイントです。また、重要株式についての取り引きを24時間受け付けているため、時間にかかわらず投資が行えるのも大きなポイントとなっています。

通常、投資を行う場合にはまず「買い」から入ることになります。購入した株式などの証券を、値段が購入時より高くなった時に売却することで、その差額を利益として得ることになります。ただ、信用取引が利用できる場合については、もう1つ「売り」から入る注文を行うことができます。この注文の場合、買い注文の場合とは逆に株価が下がった時に利益が出るようになります。その代わり、上がってしまった時には青天井となってしまうため、リスクが高い方法である点には注意が必要です。

取り引きを行う場合、今後の株価について予測を立てる事が重要なポイントの一つです。そんな時に利用できる方法であるのが「日経225」です。日経225というのは日本の代表的な株式225の平均値を示している指数であり、これを見ることによって日本全体の経済の変動状況というものを把握することができます。コレに合わせて投資を行っていれば、基本的には大きな損失が出ないようになっています。

株価指数CFDについての情報はこちら。

日本で初めての公的な取引所による株価指数証拠金取引である、”くりっく株365”。
さまざまな魅力やメリットがあるということから、多くのトレーダーが取引をしています。
しかも専門知識がそれほどなくても始められるという株価指数が投資対象となる商品ですので、投資未経験者の方も本格的に取引を始めているようです。

株価指数を用いた投資で一番注目をされているのが、”くりっく株365”という商品になります。
こちらは日本で初めての公的な取引所による株価指数証拠金取引で、取引ができるのは
・日経225(日本)
・NYダウ(アメリカ)
・DAX(ドイツ)
・FTSE100(イギリス)
の4種類。
いずれも全世界の経済指標となるような重要な株価指数ばかりです。
そのため、ウェブサイトを駆使すれば常にリアルタイムで最新情報が入手できるということも、投資初心者にはおすすめと言える理由ではないでしょうか。

もし、くりっく株365のことがもっと知りたいという方は、詳細はこちらにアクセスしてみてください。
こちらのサイトでは株価指数CFDのことやくりっく株365の説明が記載されています。
概要から魅力・メリット、さらにおすすめのテクニカル分析など幅広い内容を網羅していますので、初心者だけでなく投資経験がある方にも有益な情報になると思いました。

では、サイトで説明されているくりっく株365のメリットを一部ご説明しましょう。

・ほぼ24時間取引ができる
一般的な投資の場合、土日祝を除く平日の日中のみという限られた時間しか取引をすることができません。
そのため、サラリーマンや主婦、昼間介護をしている方にとっては投資そのものが難しい状況です。
くりっく株365は商品によっては朝の8時半から翌朝の6時までという長時間の取引が可能となっています。
夜から深夜にかけて市場が活発になりやすいので、その時間に取引ができるというのはうれしいポイントでしょう。

・取引期限がない
取引期限が設けられていないくりっく株365ですので、マイペースな投資が可能です。
ポジションを好きなだけ保有できるということは利益にもつながります。

投資初心者のための、CFD講座。

これから何らかの投資を始めてみたいと考えている初心者のみなさんに、本項では「CFD」についてご説明したいと思います。

CFDとは、Contract For Differenceの頭文字をとったもので、日本語では「差金決済取引」と呼ばれています。
日本では株式投資やFXと比べるとあまりなじみがない投資かもしれません。
ですが、ヨーロッパでは全取引のおよそ30%がCFDによる取引であると言われるぐらいとてもメジャーな投資なんですよ。

差金決済とは、原資産に投資をするのではなく、買値と売値の差額で取引をする、というスタイルです。
そのため、まとまった資金を用意することなく始められることが初心者向け、といわれる所以のひとつ。

また、取引の仕組みとしては”証拠金取引”と呼ばれるものとなっており、取引業者に資金である証拠金を担保として差し入れ、それを元手に差金決済を行っていきます。
それにより、レバレッジというてこの原理を用いた投資を行うことも可能に。
レバレッジを使うことで、少ない資金で大きな取引ができるというとても魅力的な投資ができるということもポイントと言えるでしょう。

では、具体的にどのような商品があるのかをご説明します。

・株式CFD(国内株、海外株、ETF(上場投資信託)など)
・株価指数CFD(日経平均株価、NYダウなど)
・商品CFD(金、原油、小麦など)
・債券CFD(国内債券、海外債券)
・外国為替CFD
などとなります。

ここで少しピンときた方もいらっしゃるかもしれません。
そう、外国為替CFDとは、FXのことを指します。
つまり、今多くのトレーダーが投資をしているFXもCFDの一種なんです!
意外とご存知のない方が多いようなので、ぜひ豆知識として知っておいても損はありません。

CFDはさまざまな証券会社が取り扱いをしている商品になりますので、ご興味がある方はぜひ調べてみてください。
証券会社によって取引できるCFDが異なっているため、そちらも確認してみるとよいでしょう。

分散投資のメリット・デメリット

投資を始めるときに、自分の資産全てをひとつのものに投資する。
これは命取りと言われています。
なぜか理由がおわかりですか?

例えば個別株への株式投資を行っていた場合。
A社に自分の資産全てをつぎこんでいたとしましょう。
一見、ひとつの企業に投資をしているだけならば、株価チャートもひとつ確認すればいいし売買ポジションのタイミングも取りやすい。
そう思うことでしょう。
しかし、万が一A社の株価が急落してしまったとき。
大きな損失を出してしまい、資産全てを無くす可能性もあります。

このリスクを避けるために分散投資をする。
これが投資の世界では当たり前とされています。
個別株への株式投資にしても、A社とB社の2つに分けて投資していれば、A社で損失を出してもB社で利益を出していれば損失分をカバー出来る可能性もあります。

ただしデメリットもあることを覚えておきましょう。
資産を分散することで、集中投資による利益獲得ができにくいというデメリットが発生してしまいます。
大きく伸び代のある企業の株に集中投資することで、大きな利益を得ることができます。
これが分散投資となってしまうと、10倍株になったとしても資産全体からすれば1・2割程度の利益が出た…
この程度で終わってしまうこともあります。
また、投資する銘柄が多ければ多いほど、売買ポジションを取るタイミングを知るために多くのチャートを管理する手間がかかってしまいます。

このように、分散投資はメリットがある代わりにデメリットもあることを覚えておきましょう。
もちろん分散投資は個別株への株式投資だけで適用と言うわけではありません。
例えば個別株の株式投資とFXへ分散投資をする。
個別株と株価指数に分散させる。
他にも同じ個別株でも海外株へ投資をする。
CFDを利用して金や原油などの商品にも投資をする。

様々なものに投資ができる。
これも分散投資の魅力のひとつです。
自分の資産や投資のためにかけられる時間の長さなど、置かれている状況に合わせて分散投資の金額や種類も変えていくといいでしょう。

商品先物もCFDを利用すればメリットが多くなります

子どもの将来のことや老後のこと。
これから先に必要になる資金を考えて、不安を感じている方も多いでしょう。
日本では年金制度がありますが、年金をもらっても老後不自由なく生活できるか?
今の給料から子どものために十分な貯蓄ができるか?
そう聞かれれば、不安を感じている方の方が多いと思います。

年金や学資保険をあてにせずに、少しでも自分で資産を増やしたい。
そうは言っても、銀行の金利も低く貯蓄を増やすのは難しくなりそうだ。
そこで投資を考える人も多いでしょう。

投資は手元にある資本金を利用して、株や外貨を売買して利益を得ることを目的とします。
うまくいけば、手元にある資本金以上のお金を手に入れることができます。

投資には個別株への株式投資や株価指数への投資。
外国の通貨を売買するFXや、債権など様々な銘柄を対象として投資をすることができます。
しかしどの投資を始めるにも、最初は数百万円以上の資本金が必要となります。
多くの資本金が用意できなければ、大きな損失が出てしまうとカバーできませんし、多額の利益を目指すことも難しくなります。

少ない資本金でも投資をしたい。
そう思っている方におすすめしたいのが「CFD」です。
CFDは差金決済取引のことで、少額の証拠金を基にレバレッジを利かせて投資をすることができます。
例えば100万円の証拠金でレバレッジを10倍としていれば、1000万円もの取引が可能となります。

CFDは個別株や株価指数だけでなく、商品先物などにも適用できます。
金・銀・小麦や原油など、様々な商品への先物取引を考えている方におすすめです。
通常の先物取引よりも、取引時間が24時間可能となっていますので、仕事や家事などで夜しか時間が取れない方にも便利ですよ。
また、取引単位も通常の先物取引よりも小さくて済むことが多いので、より少ない資金でも投資ができるというわけです。

このように商品先物もCFDを適用することで、メリットが多くなります。
実は初心者入門サイトなどでも、商品先物CFDはおすすめされているものなのです。
現在商品先物で投資を始めている方もこれから始めようと思っている方も。
CFDでの商品先物取引を考えてみてはいかがでしょうか。

© 2016 CFDチャレンジ日記 - Plus WordPress theme by Dynamic Guru